LOTAS CLUB




KATSUYA SHINOHARA

KATSUYA SHINOHARA

篠原克哉

2021年入社組織運営事業部兼広報部
社員の声 > 篠原克哉

あなたの仕事内容について教えて下さい

加盟店数の拡充を促進するための資料作成や、ロゴマーク掲示、全国の加盟店の社長が集まる会議の運営など、組織全体の運営に携わる仕事をしています。また加盟店にとってプラスになることや必要なこと、現在の取り組みがロータス組織や時代に合っているのかなどの検討も行います。
広報部では、主にFacebook を担当しており、ロータスの公式SNSアカウントとして、車を持つ方に役立つ情報の投稿などをしています。お役に立つと思いますので、是非ご覧ください。

なぜ株式会社ロータスへ入社しようと思いましたか

私がロータスを知ったきっかけは、企業側からのオファーを受ける就職サイトで、ロータスからオファーを受けたことでした。興味本位で参加した会社説明会のなかで、1650社の加盟店があり、なおかつ1650社の経営者と一緒に仕事ができるということを聞き、とても魅力を感じました。
篠原克哉

仕事での目標を教えて下さい

私のこれからの目標は、これからも更に変化していくと思われる自動車業界において、常に先を考え、ロータスが取り組むべきことを企画提案し、組織に貢献することです。環境問題や、自動運転、車の電動化への対応など、取り組む課題はたくさんあると思っています。

これまでの仕事で一番印象に残っていることはなんですか?

一番印象に残っていることは、配属されてすぐに加盟店を拡充するための入会案内のパンフレット、「GUIDE TO LOTAS」を作成したことです。作成にあたり、様々な部署へ内容の確認や、資料の依頼などを行いました。ロータスを深く知るためのきっかけとなり、貴重な経験となりました。
篠原克哉

入社して驚いたことは

入社して驚いたことは、ロータスの注目度の高さです。私が入社してからでも、誰もがご存知の数社からロータスと一緒に事業をしたいという話を聞きました。中には車業界とは関係のない企業からの提案もありました。一般的には名前があまり知られていないロータスですが、業界内ではこんなにも注目されているのかと驚きました。

学生にひとこと

ロータスには若手の社員が少ないため、入社してからすぐに様々なことに挑戦することができます。そのため、初めの頃は覚えることが多いので大変だと感じますが、その分自分の成長につながる経験を多く積むことができます。
また、仕事とプライベートが両立しやすいため、オン・オフをしっかり切り替えることができます。
1日のスケジュール

休日の過ごし方

休日は自宅で過ごすことが多く、ストリーミングサービスで映画やアニメを見たり、オンライン対戦のゲームをすることが多いです。
その他にも、スポーツ観戦に行ったり、月に1回ほどは温泉に行ったり、好きなアーティストのチケットが当たればライブに行ったりと様々なことをして過ごしています。
休日の過ごし方
ENTRY
エントリー
CLICK HERE